ファッションデザイナー『 GALA MARIJA VRBANIĆ(ガラ・マリヤ・ヴルバニッチ) 』クロアチアから世界へ -第2話- / U-29クリエイターズファイル

by

連載企画「U-29クリエイターズファイル」 -第2話- 

※第一話はこちら

若くして活躍するクリエイター達は何に影響を受け、これからどんな未来を見据えているのだろうかか。その真相とクリエイションの源泉に迫る。 

今回ご紹介するのは、ファッションデザイナーのGALA MARIJA VRBANIĆ(ガラ・マリヤ・ヴルバニッチ) 。若干22歳にして自身のブランドPRICE ON REQUEST(プライス オン リクエスト)を創立。

デザイナーとして活動する傍ら、グラフィックデザインを勉強する大学生でもあるクロアチア出身、若干22歳の若きクリエイター。

幼い頃からクリエイティブな環境で育った彼女はファッションデザイナー、グラフィックデザイナーそしてフォトグラファーまでこなに新しいことに挑戦し続け、それを取り込み新たな創造へと繋げていく彼女の創作意欲はどこからやってくるのだろうか。

 

PRICE ON REQUEST(プライス オン リクエスト)
2016年デビューしたクロアチア発のファッションブランド。バックパックになるジャケットやスカートとにもなるワイドパンツなどユニセックスで着れる独特なデザインが特徴的。『この服のデザインにはどのくらいの価値があるのか』という疑問から明確な価格設定を設けず、購入者によるリクエストによってその商品の価値が決められるユニークなスタイルを採用している。

【instagram】 https://www.instagram.com/priceonrequest/
【Onlinstore】 http://priceonrequest.store/

 
 

バイナリーコード × アイデンティティー × ファッション

出典:https://www.instagram.com/cwetekgmailcom/

 

私がグランプリを獲った ”00110001" は、バイナリーコードをファブリック/テキスタイル/パターンに応用させたもので、さらにそこに私の個人的なアイデンティティナンバーや銀行の口座番号、フェイスブックのパスワードを加えてできたコレクションです。

バイナリーコード × パーソナルデータによる、今までにない方法を使って私のアイデンティティーをデザインとして服に取り込むことを可能にし、ミニマリスティックでシンプルそして幾何学のユニークな形状を表現することができました。

素材をカットする際に使用した技術は、CADと呼ばれるレザーなど特殊な素材をカットする最先端のテクノロジーを利用しました。

その機械はバイナリーコードをコンピュータ言語へと変換し、難解なカットをデザインとして実現させることができました。

その技術なしでは、私のアイデンティティーを素材にデザインとして表現することは難しかったと思います。

 

Binary code(バイナリーコード)  

テキスト形式のように人間が理解できない形式のプログラムのこと。一般的にはCPUが直接理解できる16進数のコードを指す。

次なるステップへ

出典:ELLE Croatia

グランプリを受賞後は、自分のコレクションを発表したり多くのメデイアにも取り上げてもらったりと大きく環境が変わりましたね。

現在、大学で勉強しているグラフィックデザインにも興味があるし正直これからファッションデザイナーとしてやっていくかどうかすごく迷いました。

経験としてスタートさせたブランドでしたが、6ヶ月前にPRICE ON REQUESTという本格的に新たなブランドを立ち上げました。

 

PRICE ON REQUEST(プライス オン リクエスト)

私たちは生活のなかで価格重視だったり、ブランド重視だったり、日々多くのプロダクトの中から選択しています。

パンツを買うにしてもハイストリートブランドで買うのとラグジュアリーブランドで買うのとでは、明らかに価格は変わってきますよね。

多くの消費者に買ってもらえる、選択してもらえるようになるとブランドとしても強くなるし、そのブランドの価値も必然と上がっていくと考えています。

そこで「私のデザインにはどのくらいの価値があるのか」という単純な疑問をコンセプトにPRICE ON REQUEST というブランドを立ち上げました。

私たちのブランドには明確な値段を付けていません。

現在オンラインストアで展開をしているのですが、ブランド名にも付けたように値段は消費者のリクエストによって決めてもらい、購入されるようなシステムになっています。

もちろん最低価格のスターティングプライスは設けてありますが、そこにはデザイン料などは含まれていません。

このシステムを思いついたのは、高い費用を請求するPR会社抜きで新しいブランドがどのポジションでこのファッションマーケットでやっていけるのか、ハイストリートブランドに対してどう戦っていけるのかという挑戦も根底にはあります。

各商品はスターティングプライスから始まり、購入されると次の購入者の価格は前購入者がリクエストした金額がスターティングプライスとなります。つまり、人気のあるプロダクトほど金額は高くなっていきます。

そうすることによって私たちのブランドや商品が成長し、強く育っていくことに繋がると考えているからです。

明日に続く……。

※第一話はこちら

※第三話はこちら

 

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です