【21Questions】マルチに活躍するYukikoがインポートするアクセサリーストア「Piacere」

by

 

今回は、インポーター、Yukikoさんへ聞いた21の質問をご紹介。

 

化粧品PRのアシスタントとして働く傍、 アメリカを中心にセレクトしたインポートアクセサリーが揃うオンラインストア【PIACERE】経営、モデルとマルチに活躍する彼女のワイドな素顔に迫る。今回は、インポーターとしてのYukikoさんにスポットを当ててみた。

 

Q 1.お名前を教えて下さい。

 

A、Yukiko

 

Q 2.何歳ですか?

 

A、 26歳

 

Q 3.普段は何をしていますか?

 

A、 普段は化粧品ブランドのPRアシスタントとして働いています。【PIACERE】というオンラインストアの運営と、たまにモデルもしています。

 

Q 4.普段は、化粧品ブランドでPRアシスタントとして働いておりますね。もともとこういった美容業界にご興味があったのですか?

 

A、 興味はあったけれど、きちんとするようになったのは今の会社で働くようになってからです。

 

Q 5.自分自身へのスキンケアはどのようにしていますか?

 

A、 25歳を過ぎてから、やっと気をつけるようになりました。朝と夜、【shu uemura】のクレンジングオイルで毎日オイル洗顔をして、洗顔後はタオルがあまり肌に当たらないように、滴る水だけを軽く拭き取ってから、季節に合わせたスキンケアをしています。

 

 

 

 

Q 6.ちなみに、オススメの化粧品はありますか?

 

A、 この秋に新しく出る、【shu uemura】の「rouge unlimited」はぜひ試してほしいです!赤い口紅といってもいろいろな色があるけれど、知的な印象を与えてくれる「RD166」が私のお気に入り。

 

Q 7.インターナショナルということで、語学を活かしたお仕事でやりがいがありますよね。ご自身でインポートしたアクセサリーやジュエリーのオンラインストア【PIACERE】のショップコンセプトについて教えてください。

 

A、 彼がイタリア人なので、「はじめまして」という意味の【Piacere(ピアチェーレ)】はよく使う挨拶言葉でした。ある日、なんとなく辞書でPiacereを引いてみると、「喜び」という文字が。「初めて会う人に、喜びの意味を持つ言葉を投げかけるだなんて、なんて素敵なんだろう!」とそのとき感動したのです。初めて出会うものへの喜びを感じられる場所をつくりたい、実はこんな理由でPIACEREが始まりました。

 

Q 8.インポートのオンラインストアを開こうと思ったきっかけとは何でしたか?

 

A、 どこにいても、例えば遠く離れた海外の田舎でも一人でできる仕事って何があるだろう?と考えたときに思いついたことの1つがオンラインストアだったので、試してみることにしました。

 

Q 9.ちなみに、ショップはいつからスタートしましたか?

 

A、 2016年の夏からです。

 

Q 10.どういったアイテムが揃っていますか?

 

A、 現在は、シンプルで使いやすく、手に取りやすい価格のアクセサリーが中心です。

 

Q 11.どういった国から主にインポートしていますか?

 

A、今はアメリカが多いのですが、密かに気になっているブランドはオーストラリアのものが多いです。その魅力を知るために、オーストラリアに行ってみたいです…

 

Q 12.リサーチやセレクトの決め手はどうしていますか?

 

A、 自分が身につけたいかどうかで決めます。ビジネスのために、例えば全色揃えたり、全シリーズ入れることはしない。「このブランドだから可愛い」とか、「このブランドのものがほしい」という考え方が嫌いなんです。どんなに好きなブランドだろうと、可愛くないなぁと思うものがあって当然。だからセレクトショップが存在するんだと思っています。

 

Q 13.その中で特にオススメのアイテムを教えてください。

 

A、 最近入荷した【BIANCA MAVRICK】のジュエリーが本当に可愛いです。シンプルな服にさりげなく合わせたいユニークなアイテムです。

 

 

 

 

Q 14.今後はどういったショップ展開をしていきたいですか?

 

A、去年始めたばかりということもあって、現在は「海外のアクセサリーを買いたいけれど、英語がわからないからオンラインショッピングはできない」という人をターゲットに、比較的お手頃な価格のアクセサリーを販売していますが、実は、【BIANCA MAVRICK】のような、ちょっと頑張れば買える少し贅沢なジュエリーを増やしていきたいと思っています。

 

あとは【Leah Goren】のトートバッグのような、海外イラストレーターのグッズも探していきたいです。

 

 

 

 

Q 15.自然体なルックスを活かしてフリーでモデルとしてもご活躍されていますね。モデルとしても活躍しようと思ったきっかけは何でしたか?

 

A、声をかけてもらったらやるというスタンスでやっているのですが、学生時代に美容院代の節約のために始めたサロンモデルがきっかけだと思います…

 

Q 16.カメラの前でどういったことを意識していますか?

 

A、 姿勢が悪いので、それがバレないように意識しています(笑)

 

Q 17.今までに印象に残った撮影はありましたか?

 

A、 一昨年、大学時代の友人のファッションブランド、【canako inoue】の撮影で、とある川まで行きました。夜中にみんなで集合して、夜が明けるまでというタイムリミットがある中、静止画と動画の撮影、朝方に鳴く鳥たちのさえずりをバックグラウンドに詩の朗読のレコーティングまで…大変でしたが、貴重な経験になりました。

 

Q 18.自分自身が作品の一つになることをどのように感じますか?

 

A、 おもしろいです。自分の写った写真が東京を離れて遠方の展示会に行くのをSNSで見たり、自分の写った写真がDMになって郵送されるのを見ると、まるで知らないうちに自分が旅行に出て行くようで、不思議な気持ちになります。

 

 

 

 

Q 19.Yukikoさんにとっての「美学」とは何でしょうか?

 

A、 難しい質問ですね!30年後に答えさせてください(笑)

 

Q 20.今後、どういったことに挑戦していきたいですか?

 

A、 小さな挑戦として、髪の毛を明るくしてみたいです。大きな挑戦として、生まれてからずっと東京にいるので、近い将来、違う国に住んでみたいです。自分が知らないうちに、地球のどこかで何かおもしろいことが起こってるかもと考えると、「悔しい、私も行ってやる!」って思いませんか?自分が生きる環境を自分で決めるって、わくわくします!

 

Q 21.最後に、Yukikoさんのライフスタイルを通してメッセージをお願いします。

 

A、 自分がインタビューを受ける日がくるとは思ってもいませんでした。このインタビューを通して、何かちょっとしたことでも感じてもらえたら嬉しいし、もし考えが変わったならおもしろいと思います!ありがとうございました。

 

今回は、美容界で働きながらも自らセレクトしたインポートアイテムを日本に発信する彼女に焦点を当ててみた。シンプルな日常にカラフルで遊び心あるデザインをプラスしてくれるアイテムばかり。Yukikoさんの今後のご活躍もとても楽しみだ。

 

YukikoさんのInstagram @y.u.kk

PIACERE @piacerestore

オンラインストアはこちらから。

 

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です