ファッションデザイナー『 GALA MARIJA VRBANIĆ(ガラ・マリヤ・ヴルバニッチ) 』クロアチアから世界へ -第1話- / U-29クリエイターズファイル

by

各方面において自身のクリエイションを発信する20代の若きクリエイター達を紹介する企画。
 
U-29クリエイターズファイル

若くして活躍するクリエイター達は何に影響を受け、これからどんな未来を見据えているのだろうかか。その真相とクリエイションの源泉に迫る。
 
今回ご紹介するのは、ファッションデザイナーのGALA MARIJA VRBANIĆ(ガラ・マリヤ・ヴルバニッチ) 。若干22歳にして自身のブランドPRICE ON REQUEST(プライス オン リクエスト)を創立。

デザイナーとして活動する傍ら、グラフィックデザインを勉強する大学生でもあるクロアチア出身、若干22歳の若きクリエイター。

幼い頃からクリエイティブな環境で育った彼女はファッションデザイナー、グラフィックデザイナーそしてフォトグラファーまでこなすマルチな才能を持つ。

常に新しいことに挑戦し続け、それを取り込み新たな創造へと繋げていく彼女の創作意欲はどこからやってくるのだろうか。

そんな若きクリエイターのガラ・マリヤ・ヴルバニッチを本日より3日間の連載でご紹介しよう。

 

PRICE ON REQUEST(プライス オン リクエスト)
2016年デビューしたクロアチア発のファッションブランド。バックパックになるジャケットやスカートとにもなるワイドパンツなどユニセックスで着れる独特なデザインが特徴的。『この服のデザインにはどのくらいの価値があるのか』という疑問から明確な価格設定を設けず、購入者によるリクエストによってその商品の価値が決められるユニークなスタイルを採用している。

【instagram】 https://www.instagram.com/priceonrequest/
【Onlinstore】 http://priceonrequest.store/

 

クリエイティブな環境で育った幼少時代


出典:https://www.instagram.com/cwetekgmailcom/

 

私はクロアチア北部にあるチャコヴェツで生まれました。

クロアチアは美しい海岸や景色、特にアドリア海が有名な国です。

残念ながら私の育った町には海がなかったのであまり有名な場所ではなかったのですが、とても美しい町でした。

それもあって旅行者もほとんどいない静かな環境で育ったのは良かった点だと思います。チャコヴェツにある森は私のお気に入りの場所です。

母がファッションデザイナーということもあって生まれた時からファッションが身近にある環境で、それが私にとっては普通のことでした。

いまになって考えてみるとそれが大きく影響してるのかなと感じることもありますが、当時はファッションよりもレゴとか遊戯王のカードゲームのほうが好きで、よくそれで遊んでいましたね(笑)。

その後もファッションに対して特別大きな関心はありませんでした。というより、ファッションの犠牲者になりたくなかったんです。

トレンドのものやすぐに消えてしまうような一時の有名なブランドにはまったく興味がありませんでした。だからあえて”いま流行っている”だけのトレンドの服は着ないようにしていました(笑)。

ファッションに興味を持ったきっかけ

 


 出典:https://www.instagram.com/cwetekgmailcom/

 

大学でグラフィックデザインを勉強するようになって、アルバイト感覚で母のブランドを手伝う機会が増えたのをきっかけに変わっていった気がします。

例えば、ルックブックのために写真を撮ってあげたり、撮った写真の編集やパリでの展示会のアシスタントなどいろんな経験を通して少しずつファッションに対して興味が出てくるようになりました。

それもあってファッションデザイナーとしてブランドを立ち上げることは、私にとってはそんなに難しいことではありませんでした。

他の人と比べて私は母のもとでいろんな経験ができ、知識を得られたことはとてもラッキーだったかもしれません。

 

20歳で果たしたコレクションデビュー 

 出典:https://www.instagram.com/cwetekgmailcom/

TTF(Textile Teqnology of Faculty)主催のクロアチアでは最大のヤングクリエイターを対象にしたコンテストでファッションジャーナリスト審査員部門で1位、Fashion wardrobe 15のデザイナーたちが選ぶヤングクリエイター部門で2位を獲得しました。

まさかグランプリを獲れるとは自分でも信じられないくらい驚きました。

だって、このコンテストに応募したのはただ単に私のクリエイションがファッションの世界で通用するのか試してみたかっただけだったから。

当時ファッションに興味が出てきていたのは事実だけど、実際ファッション業界で働きたいとかファッションデザイナーになりたいっていう情熱すらありませんでした。

ただ、審査員や他の人たちが私の創るクリエイションを見てどうリアクションするのか知りたかっただけなの(笑)!

でも、やっぱりグランプリを獲った後はすごく気持ちがよかったですね。

明日に続く……。

※第二話はこちら

※第三話はこちら

 

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です