【21Questions】自然を愛し、社会への平等をアートにしていくニュージーランドのアーティスト、Jack Veale(ジャック・ベール)

by

ファッション、アート、音楽、、
華やかで、人々を魅了する様々なカルチャーを愛し、それを仕事とする人々。
そんな現場を知るリアルな人たちに21の質問をぶつけた企画【21Questions】。

今回は、ニュージーランド人アーティスト、Jack Veale(ジャック・ベール)さんへ聞いた21の質問をご紹介。
自然を愛し、社会の全てにおいての平等を彼のアートや世界観を通して語る。

Q 1.お名前を教えてください。
 

A、Jack Veale(ジャック・ベール)

Q 2.何歳ですか?
 

A、20

Q 3.出身はどこですか?
 

A、ニュージーランド。

Q 4.普段はなにをしていますか?
 

A、私は美術を学びながら、自分のアートをたくさん作っているよ。
あとは本格的にドラムををやっているし、エレクトロニックのノイズ・ドローンを作ってる。

Q 5.なぜニュージーランドのウェリントンを拠点に活躍していますか?
 

A、ウェリントンは僕の故郷から近いんだ。
ここで僕は勉強することがたくさんあるしね。
この街からは、数多くの偉大なアーティストやミュージシャンが発信されていった中心地なんだ。
今となっては、僕の家のような場所。

Q 6.ニュージーランドについて教えてください。
 

A、ニュージーランドはとてもに美しい国だよ。
人口が少ないから、街から抜け出すのがとても簡単なんだ。
でも、たまに伝統的すぎていたりすることがある国だから、疎外感を感じる時もある    。

Q 7. Jackさんのアートについて教えてください。
 

A、様々な繰り返しとサイクルを表現しているよ。
「人生の循環」と「お互いに影響を受け合うこと」と「環境」について。
僕は、富裕や貧困、男や女、軽蔑や尊敬など、社会におけるとても不快で強力な格差や分裂をたくさん目にしているよ。

Q 8.なぜアーティストの道へ?
 

A、子供の頃、いつも絵を描いていたんだ。
僕が高校生の頃、ますますその情熱が湧いてきてアーティストになることを決めた。

Q 9.モデルのお仕事もしていますね。
 

A、最初、友人の写真のプロジェクトでモデルをするように頼まれたんだ。
その後、様々なフォトグラファーやモデルにも出逢って今は小さなモデル事務所に所属しているよ。

Q 10.モデルの仕事をするにあたって、気をつけていることはありますか?またその魅力とは?
 

A、僕はファッションに携わることが好きで、自分が知っている人や尊敬する人と働くことは素晴らしいことだよ。
僕はポージングする時は基本的には自分が自然でいることを保つようにしている。
たまに違ったプロジェクトで、具体的な表現力が必要になる時もあるよ。

Q 11. Jackさんにとってファッションとは何ですか?
 

A、ファッションは自己表現の方法の一つ。
自分自身や自分のムードを作り出してくれるもの。
人と初めて会う時に一番最初に目に入ってくることだよね。

Q 12.ソーシャルメディアやInstagramで注目している人はいますか?
 

A、たくさんいるよ!
僕のNZの友人たちを全て紹介するよ!
@ tailwhip420、@ koala.di、@calm_palms、@sagflap、@turns_out_i_hate_art、@ thisisyourneighbour、@bentattempt
この3人は友人ではないけど、僕が注目している人たち。
@problematiqueer、@plaaastic、@criticalvibes

Q 13.好きなデザイナーやブランド、アーティストがいますか?
 

A、@ illegalciv、@ goth.ttt、@hi_mig_hi
僕は昔から本屋さんから様々アートに関する本を集めているんだ。
他にも、【Alexander Brodski】、【Illya Utkin】、【William Blake】、【Louise bourgeois】も好きだよ。

Q 14.お気に入りの場所はありますか?
 

A、小川など水に近い密生した森林。
ウェリントンにはいくつかあるけど、僕は街の外にある森林の方が好きだね。
隠れた場所に洞窟があるのだけれど、そこは僕のお気に入りのベッドルームなんだ。

Q 15.好きな香りなどはありますか?
 

A、ラベンダー、緑茶、印刷インク、古い本。

Q 16.普段はどういった場所で服やアクセサリーなどを買いますか?
 

A、ほとんどセカンドハンドもの。
ウェリントンには【The red cross】、【the city mission】、【st Vinnies】のようなそういったお店がたくさんあるよ。

Q 17.好きな音楽やミュージシャンはいますか?
 

A、【Brian Chippendale】!
あとは【Machine Girl】、【John Zorn】、【The Body】、【SUNN O)))】

Q 18.好きな映画、ドラマ、監督などはいますか?
 

A、ラース・フォン・トリアー作の【アンチクライスト】や【メランコリア】が大好き。
【Serial Experiments Lain】というアニメは僕のお気に入りだよ。

Q 19.お気に入りの本や良く読む雑誌はありますか?
 

A、ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(H.P. Lovecraft)のダークファンタジーは面白いね。
アルベール・カミュの【異邦人】やブライアン・ チッペンデールの【Puke Force】も好きだね。

Q 20.影響されることはありますか?
 

A、僕には沢山クリエイティブな友だちがいて、僕たちみんな互いに影響し続けているよ。
僕はすべてを影響力の強いものとして取り入れようとしているのだけれど、それは全然同じものではないんだよ。

Q 21.最後に、今後の新しいプロジェクトやニュースはありますか?またJackさんのライフスタイルを通じて何かメッセージがればお願いします。
 

A、僕はアートスクールももう一年を行こうかなと思っているんだ。
自分のスタジオを持つためにこの街に来たんだ。
音楽面に関しては、3つ目になる【Brace】というロマンだけど荒れている、アンビエントな音楽をテーマにしたプロジェクトを始めているよ。
僕の仲の良い人たちとアートと歌詞を融合したものにしようと思ってる。
このプロジェクトを通して、全ての人が人の目を気にせず自分のスタイルや考え方を貫いてほしいと伝えたい。
でも隠者にだけはならないで、と。

皮肉なことに今少しずつ変化はしつつあるが、今だに世界中には差別や社会的位置に不平等なことがありすぎる。
そんな大きな問題を20歳にして主張するJackさん。

https://www.instagram.com/fucksunjack/

JackさんのInstagram:fucksunjack

 

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です