【21Questions】異国の日本で、独自のアートの才能を発揮する実力派マルチアートクリエーター、Rebecca U

by

ファッション、アート、音楽、、
華やかで、人々を魅了する様々なカルチャーを愛し、それを仕事とする人々。
そんな現場を知るリアルな人たちに21の質問をぶつけた企画【21Questions】。

今回は、オーストラリア出身のマルチアートクリエーター、Rebecca Uさんへ聞いた21の質問をご紹介。
異国の日本で、独自のアートの才能を発揮する実力の持ち主の素顔とは。

Q 1.お名前を教えてください。

A、Rebecca U(レベッカ・U)

Q 2.何歳ですか?
 

A、映画【ビートルジュース】がリリースされたと同じ年に生まれたよ。

Q 3.出身はどこですか?
 

A、オーストラリアの【メルボルン】

Q 4.普段はなにをしていますか?
 

A、アートディレクター、イラストレーター、デザイナー、アーティスト。
たまにファッションとアート関係のDJ、モデルの仕事もするわ。

Q 5.なぜ日本を拠点に働くことになりましたか?
 

A、日本の映画を観たり、デザイン、ファッション、アートや音楽を研究したり、東京のシーンを描写した映画やアニメを観たりして、私の日本・東京への興味が高まったわ。
6年前に大学で今のボーイフレンドに出逢うまでは、日本に住むなんて思っていなかったの。
私は、日本のデザインの品質やコンセプト、技能にとても関心を持っているので、こういった環境で働くことに時間を費やすのにとても良いと思ったわ。

Q 6.Rebeccaさんのアートへの情熱はどのように見出しましたか?
 

A、自分でイメージした通りのプロジェクトを見るのはとても面白いけど、逆に全く想像していなかった面白い結果を作り上げた時もとても満足感を感じるわ。
自分のアイディアや入念に考えた計画が実現させることができた時とても嬉しく思う。

Q 7.スタイリングもされていますね。どのような事に気をつけていますか?
 

A、服やアクセサリーなどのアイテムをスタイリングする時に、女性や男性、サイズがXXSやXXL、大人や子どもなど全くこだわらないようにしているわ。
逆にそのアイテムのストーリー性、デザイン、象徴性、ムードなどに沿って考えるの。
小道具やがらくた、布などを使って、アイテムの概念やストーリー性を持たせることができるわ。

Q 8.作品を制作するにあたって、どのような事から影響を受けますか?
 

A、私自身や他人の日々の生活だったり、映画、音楽、出版物やニュースなど…

Q 9.Rebeccaさんにとっての「東京」とは?
 

A、T=tough(タフ)、O=風変わり(outlandish)、K=万華鏡(kaleidoscopic)、Y=おいしい(yum​my)、O=オン(on)!

Q 10.日本で苦労した経験はありますか?
 

A、日本に住み始めて2年目くらいまではとても苦労したわ。
とてもやりがいはあったけれど、何度ももう東京の街でギブアップしそうになったの。
でも自分の居場所を見つけられた気がし始めたのは、3年目くらいからかしら。

Q 11.今までたくさんの写真のグループ個展などをされていますが、東京での個展はいかがでしたか?
 

A、【0fr gallery】のオーナー兼キュレーターである【K-NARF(Frank Le Petit)】さんから彼のギャラリーで個展をやらないかって誘いのメールを受け取ったの。
彼は私の作品をオンラインで見ていてくれて、本当に好きだと言ってくれたわ。
K-NARFが自分の時間を割いて、私の作品に目を通していてくれた事にとても嬉しく思った。
彼のギャラリーとショップには、彼の巧みなプロジェクトも含め様々なアーティストの作品が展示されているの。
だから自分の初めての個展を東京の【0fr gallery】でできた事にとても嬉しく思うわ。
個展日を自分の誕生日にも設定できた事から、忘れることのできない日になった。

Q 12.Rebeccaさんにとっての「ファッション」とは?
 

A、ファッションとは「芸術」。

Q 13.Rebeccaさんのファッションスタイルについて教えてください。
 

A、私のファッションスタイルは、日々の汚れ(疲れやストレスなど)を隠すために安定したスタイルに少し変わったアイテムを合わせているわ。

Q 14.スキンケアなどはどうしていますか?
 

A、【Bobbi Brown】のファンデーションは私の肌のトーンにぴったりだし、質感もオイリーでも重すぎでもなくてとてもいいわ。
リップスティックも同じブランドのものを使っているの。
色合いもいいし、ドライすぎず変な匂いもなくて、乗りも本当にいい。
下地もおすすめよ!

Q 15.お気に入りの場所や今後、訪れてみたいところはありますか?
 

A、どこか不思議な沿道に位置する美術館や廃墟などに訪れたい。
今までそこまで色々な場所に行ってるわけではないけれど、一番忘れられないのはと栃木県にある【ウェスタン村】。
あと福島県にある【UFO美術館】にはすぐにでも訪れてみたいわね。
山梨半島と伊豆半島は私のお気に入りの場所。
九州と沖縄にも早く行ってみたい。
日本以外では、【ベルリン】が大好きでもし機会があれば、たっぷり時間を費やして過ごしたいわ。

Q 16.好きな香りなどはありますか?
 

A、CDGの【8 88】(残念ながら、生産中止になってしまったけど)が大好き!
【Escentric Molecules】も好き。
それから【Blood Concept】の香水は本当にすばらしい。
パリで初めて見つけたのだけれど、O、A、B、ABと血液型の種類をベースにしていて、ボトルのデザインもとってもクールよ。
香りもほのかに金属っぽくて、血みたいなの!
コンセプトも香りもとてもナイスだと思う!

Q 17.普段どんなところで服やアクセサリーなどを買いますか?
 

A、服はファミリーセールかデザイナーの委託販売店で買うわ。
アクセサリーのほとんどは、私の友だちのジュエリーデザイナー達のもの。

Q 18.好きな音楽はなんですか?
 

A、音楽は、本当にジャンルに問わず全て好き。
私のiTunesのTOP25は、【Alex Stark】、【Charles Manier】、【Asmus Tietchens】、【Tolouse Low Trax】、【Legowelt】など。

Q 19.お気に入りの映画や監督はいますか?
 

A、※好きな順ではなりません。
【ゼア・ウィル・ビー・ブラッド (Paul Thomas Anderson)】、
【天使の涙 (Wong Kar-Wai)、
【Lost Soul: The Doomed Journey of Richard Stanley's Island of Dr. Moreau (David Gregory)】、【戦慄の絆 (David Cronenberg)】、【アングスト (Gerald Kargl)】、
【セメント・ガーデン (Andrew Birken)】、【ドッペルゲンガー (Kiyoshi Kurosawa) 】、
【ミクロキッズ (Joe Johnston)】、【砂の女(Hiroshi Teshigahara)】、
【ミスティック・リバー (Clint Eastwood )】、【ザ・ウッズマン ( Nicole Kassell )】、
【殺人の追憶 (Bong Joon-ho)】、【哀しき獣 (Na Hong-jin)】、
【The Red Chapel ( Mads Brügger )】、【My Best Fiend & Bells From The Deep (Werner Herzog)】、【Strange Circus 奇妙なサーカス (Sion Sono)】、
【裸の銃を持つ男 (David Zucker)】、【エクソシスト (William Friedkin)】、
【Bobby Fischer Against the World' (Liz Garbus)】、 【Red Army (Gabe Polsky) 】、
【コーンヘッズ (Steve Barron)】など。
エロール・モリス監督の作品は全部好きよ。

Q 20.よく読む雑誌やお気に入りの本はありますか?
 

A、【Hair by Guido】、【Werk magazine】、【Fanzine 137】、【IDEA magazine】、【The Face magazine】。
70年代、80年代の重くて厚みのあるデザイン本も大好き。
村上春樹の【Underground】。
【Order And Disorder】、【Belgian Fashion Design  by Luc Derycke】、【Y.M.O. PROPAGANDA ツアーブック】。

Q 21.最後に、今後の新しいプロジェクトやニュースまた何かメッセージがあればお願いします。
 

A、F/Wパリファッションウィークに行くわ。
新しいハンド・レタリングとコラージュ撮影はもうすぐ終えるところ。
あとは4月上旬に私が演出するアルバムのカバーの仕事があるわ。

才能ある芸術家の知識や好奇心は計り知れないほど、幅広い。Rebeccaさんもまたその一人である。


https://www.instagram.com/bec_u/

RebeccaさんのInstagram:bec_u
ホームページ:http://rebeccau.com

 

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です