F-MAGZINEはサイトを引っ越しました。
記事はリニューアルした新しいサイトで読むことができます!

新しいサイトはこちら

メイクアップアーティスト、Jeffrey Baum(ジェフリー・バウム)の映し出す多彩でアーティスティックな世界とは?

by

 

今回は、メイクアップアーティスト、Jeffrey Baumさんへ聞いた21の質問を紹介。

日本や世界を駆け走るアメリカ出身のメイクアップアーティスト。その活動は幅広く、写真や芸術の世界での顔も持つ。

彼の映し出す多彩でアーティスティックな世界とはどういったことなのか。

 

Q1.お名前を教えてください。

 

A、Jeffrey Baum(ジェフリー・バウム)

 

Q2.何歳ですか?

 

A、31

 

Q3.出身はどこですか?

 

A、カルフォルニア

 

Q4.普段は何をしていますか?

 

A、メイク、写真、クリエイティブなキュレーション、ファインアートを中心にビジュアルアーティストとして活躍しています。

 

Q5.Jeffreyさんの幼少期はどんな子でしたか?

 

A、学ぶこと、考えることにとても情熱を持った子でしたね。それにとても好奇心旺盛だったと思います。

 

 

「Vivi China」

 

Q6.メイクアップの世界に入り込んだきっかけは何でしたか?

 

A、高校生の頃だったと思いますが、化粧をして違う人物になることに本当に夢中になっていました。その頃、自分が指導していた演劇の中で製作のクオリティーを上げるためにメイクアップを取り入れましたのがきっかけでした。

 

Q7.メイクアップアーティストとしてご活躍されるきっかけについて教えてください。

 

A、10代後半にはかっこいい音楽シーンに夢中になっていました。あの時はインターネットを通してファッション業界へ入りやすかったというのもあって、この世界に入ろうと決めました。それが僕にとって一番メイクアップアーティストの道へ直接的に繋がっていたと思いますね。

 

Q8.初めてのお仕事のことを覚えていますか?

 

A、もちろんです。その時はメイクとは言えないなかったですが、同級生の顔に華やかな色合いとテクスチャー感を出してインクを使って描いたことでした。プロになってからの仕事で言えば、友人のショップでランウェイショーがあったので、彼女をモデルに起用してメイクをしたことが最初でした。

 

 

REAL ARTIFICE」

 

 

Q9.Jeffreyさんのメイクアップのこだわりとは何ですか?

 

A、僕のメイクアップのこだわりは、一つ一つの作品の全体的な完成に精を尽くすことです。今進めているプロジェクトもバランスのあるルックを作り上げることができることはとても嬉しいですね。

 

Q10.今の自分だけのスタイルはどのように磨いていきましたか?

 

A、70年代後半から80年代前半の音楽だったりその時代のファッションのメイクアップスタイルに非常に影響を受けています。

 

Q11.どの仕事が一番印象に残っていますか?

 

A、アーティスト達とクリエイティブなコラボレーションに取り組んでいる私にとって、全ての仕事について敬意を持っています。少年の頃から夢見ていた【Vogue Italia】と仕事をすることだったので、それは特に印象に残っていますね。

 

 

 

 

Q12.日々どういったことから影響を受けますか?

 

A、最近は、色合いやテクスチャー、化粧品の成分から影響を受けますね。役に立つ化粧品を使って、

 

Q13.現在、一番良く使っているコスメは何ですか?

 

A、【IN FIORE(インフィオレ)】の「カルム コンプレクス」というオイルは、非常に優れた成分を使っていてオススメです。

 

Q14.Jeffreyさんにとっての美学とは?

 

A、僕にとっての美学はとても広範囲なのです。僕は、特に自分と関わっているイメージの力強さと完璧さに焦点を当てています。妥協は絶対にしません。

 

Q15.Jeffreyさんにとってのメイクアップとは何でしょうか?

 

A、僕にとってのメイクアップは異なっています。一つ目は、顔の特徴な美を更に強調して、他の部分をぼやかすに使ったり。二つ目は、美しさや好奇心をそそるために、美しい色やテクスチャーを表現することにも使えます。そして三つ目は、メイクアップで物語を作り出すキャラクターの変形力を持つことができることです。

 

 

L’Officiel Turkiye

 

 

Q16.日本についてお伺いしたいのですが、初めての印象はどうでしたか?

 

A、日本へ最初に旅行で訪れた時、豊かな歴史や極限の近代性、またこの二つの間で生まれる緊張感など非常に魅了されました。

 

 

 

 

Q17.ご自身の国との違いはありましたか?

 

A、本当に全て真逆だと思いましたね。大部分で言えば、集団主義者と個人主義文化の違いだと思います。基準点は全く違っていますが、両方とも高い国民性を持っているということ。

 

Q18.お気に入りの場所はありますか?

 

A、日本の持っている礼儀(お辞儀など)などは奥深い文化的歴史はとても印象的です。

 

 

 

 

Q19.お忙しい日々をお過ごしですが、オフの日はどのように過ごしていますか?

 

A、まだ行ったことのない場所を探検したり、友人と飲みに行ったり、オリンピック公園を走ったり、東南アジアを旅したりなどしています。

 

Q20.今後の目標について教えてください。

 

A、化粧品やファッション企業のためのコンセプト作りのコンサルティングや開発に更に取り組んでいくことです。

 

Q21.最後に、Jeffreyさんのライフスタイルを通してメッセージをお願いします。

 

A、最近、旅をしながら植物源と一緒に様々な地域の美と癒しについて研究していました。この旅では、笑ってしまうような大量のメモと写真を取っていました。こういった経験は、僕の美観だけでなく、自分自身の絵や写真への美観にも役立ちます。もうすぐ【Shu Uemura】とのコラボ企画にInstagram上に上がるので、チェックしてみてください。

 

子供の頃から美への関心が強かったJeffreyさん。成長して行くにつれその思いはプロの道へと変わり、世界で活躍する一流のモデル・水原希子やアーティスト・Sokoへのメイクアップ、その他でも数え切れないほどの舞台で活躍している、実力派のメイクアップアーティストである。彼の膨大な冒険は終わりを知らない。

 

JeffreyさんのInstagram @jeffreybaum

ウェブサイトは、こちらから。

No Comments Yet.

What do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です